家庭菜園のポイント

家庭菜園というのは自宅の庭の畑やベランダなどで野菜をつくって収穫することを言います。
農家になるというようなことではなく、食の安全性や野菜を育て
収穫する楽しさを味わいたいということから家庭菜園を始めようとする人が増えてきています。
定年後の楽しみとして家庭菜園を始めようとする人もいます。
家庭菜園を始めるには自分が食べてみたい野菜の苗と苗を植えるスペースさえあれば必要最低限はそろいます。
苗を植えるスペースとなると自宅の庭の畑やベランダなどが思いつくでしょうか。

ベランダで家庭菜園をする場合にはあまり広いスペースが取れないですがプランターを使って行うことになります。
そのほかにも市民菜園やレンタル畑などの利用も考えていいでしょう。
まず考えることとしてはどの野菜を育てるわけですが、その前にスペースの広さについて把握します。
小さい野菜であればそれほどスペースをとらないわけですが、かぼちゃやスイカなどのように
大きな野菜であればそれなりのスペースをとります。

スペースの広さを把握した上で育てたい野菜を決めるといいでしょう。
初心者にはどういう野菜が育てやすいのかというと比較的育てやすい野菜が育てやすいものだといえます。
その例としてはプチトマトやとうもろこし、ジャガイモ、ピーマン、ハーブ類などが挙げられます。
最初の数年はこういう育てやすい野菜から育てていって家庭菜園のコツを学んだ上で
難易度が高い野菜を育てるというステップを踏んでいったほうがいいです。

家庭菜園をするときには連作障害に注意したほうがいいです。
連作障害とは同じ品種もしくは同じ科に属していて近い性質を持つ
品種を同じ場所で連続して栽培すると病気になりやすかったり育ちが悪くなったりする症状です。
ナス科にあたるトマトやナス、ピーマンを育てた後はマメ科の野菜に
したりするなど品種をローテーションしながら育てていくといいでしょう。

その他家庭菜園をするときには中腰など日ごろやりなれないような
姿勢で作業を行うことがありますから腰痛になったり背中が痛くなったりすることがあります。
実際に作業を行うときには最初に軽く体操など体を動かしてから無理を
しない程度に作業を行います。
しゃがむときは腰からしゃがまずにひざを曲げるようにするといいでしょう。
家庭菜園を行うときにはいろいろと気を使うこともあるでしょうが、自分が食
べたい野菜を収穫するときのことを考えながら育てるといいのではないでしょうか。

自分で育てた野菜でバーベキューを楽しんだり
なんかしたらそれこそ最高の気分になるのではないでしょうか?バーベキューを仲間を募ってすれば
とても楽しい時間を過ごす事ができそれが生涯の思い出になっていくものと思います。
お肉メインのバーベキューでなくたまには、野菜メインのバーベキューもしてみると
楽しめると思いますよ。 丹精こめて育てた野菜は美味しく食べられる事間違いないと思います。

そんな丹精込めた野菜が凝縮された青汁があれば皆さん飲みたいと思いませんか?
最近では、わざわざ西の方で作った(九州が主)野菜を凝縮した青汁が人気ですね。
国内であるに越したことは無く、原発問題があるため東よりも西の方が安心できる!と考えるユーザーを理解したものが注目を浴びています。
あなたも将来のために、国内産青汁で健康的な生活を自ら作り出しませんか?
健康を考えるのは今しかありません。具合が悪くなってからでは手遅れになることも現実的に多々あるわけで、やれるうちになるべく多くの事をやって頂きたいものです。